水着基本知識系

レーシング水着とトレーニング水着、フィットネス水着の違い

当サイトでは水着を大きく4種類に分類しています。 ①レーシング水着②トレーニング水着③フィットネス水着④ジュニアのスクール水着 どのような水着を選ぶかこれから考える方は是非、それぞれの特徴をお読みの上ご検討ください。 ①レーシング水着 大会や記録会への出場者スイマー向け。水の抵抗を軽減したり、姿勢のサポート力があったり、体を動かしやすく生地を組み合わせてあったりと、それぞれのメーカー、シリーズによって特徴があります。タイムを狙うトップレーサーから初心者レーサー(エントリーモデル)、マスターズの方まで幅広い方にそれぞれおすすめしたいモデルをご用意してます ※着圧感が強めのため、着脱にも時間がかかり、丁寧に扱う必要があります。フィットネス目的の方にはおすすめしません。 ②トレーニング水着 練習の際の着用や、しっかりと泳ぎたいフィットネススイマー方向け。サポート力もありつつ、伸縮性があり、塩素に強いのが特徴です。柄やカラフルなものも取り揃えています。 ③フィットネス水着 ジムのプールで泳ぐ方、アクアビクス、水中ウォーキング等を行う方向け。伸縮性のある生地で動きやすく、着脱もしやすい、機能性のある着心地の良い水着です。レジャーシーンでもご利用いただけます。 ④ジュニアスクール水着 学校のプールの授業での着用。プールや海へ遊びに行く時にも着て頂ける、シンプルで伸縮性のある着やすい水着です。

レーシング水着とトレーニング水着、フィットネス水着の違い

当サイトでは水着を大きく4種類に分類しています。 ①レーシング水着②トレーニング水着③フィットネス水着④ジュニアのスクール水着 どのような水着を選ぶかこれから考える方は是非、それぞれの特徴をお読みの上ご検討ください。 ①レーシング水着 大会や記録会への出場者スイマー向け。水の抵抗を軽減したり、姿勢のサポート力があったり、体を動かしやすく生地を組み合わせてあったりと、それぞれのメーカー、シリーズによって特徴があります。タイムを狙うトップレーサーから初心者レーサー(エントリーモデル)、マスターズの方まで幅広い方にそれぞれおすすめしたいモデルをご用意してます ※着圧感が強めのため、着脱にも時間がかかり、丁寧に扱う必要があります。フィットネス目的の方にはおすすめしません。 ②トレーニング水着 練習の際の着用や、しっかりと泳ぎたいフィットネススイマー方向け。サポート力もありつつ、伸縮性があり、塩素に強いのが特徴です。柄やカラフルなものも取り揃えています。 ③フィットネス水着 ジムのプールで泳ぐ方、アクアビクス、水中ウォーキング等を行う方向け。伸縮性のある生地で動きやすく、着脱もしやすい、機能性のある着心地の良い水着です。レジャーシーンでもご利用いただけます。 ④ジュニアスクール水着 学校のプールの授業での着用。プールや海へ遊びに行く時にも着て頂ける、シンプルで伸縮性のある着やすい水着です。

ウィメンズフィットネス水着の選び方

運動不足解消のためにジムのプールで泳ぐ方、水中ウォーキングする方、アクアビクスをやる方は「フィットネス水着」の中からお選びください。 レーシング水着は締め付けが強く、着用にも時間がかかりますが、フィットネス用はストレッチが効き着心地も楽です。 選ぶポイントを解説いたします。 まず形です。大きく、ワンピースタイプと上下セパレートタイプに分けられます。 【ワンピース】プールでしっかり泳ぐ方はワンピースタイプが泳ぎやすいです。肌の露出度もそれぞれ異なります、露出度が高く動きやすさを重視するか、露出を抑えたいかでさらに形をお選びください。足の動きやすさを重視するならハイカットかミディアムカットを。腰回りが隠れている方がよければスパッツタイプを。【上下セパレート】泳ぐけど体にぴったりフィットするタイプが苦手な方は上下セパレートタイプがおすすめです!機能性に優れているので、こちらも是非試して頂きたいんです。もちろんレジャーの場面でも着て頂けるおしゃれさも兼ね備えています。中でも、トップスにジップが付いてるものと着いていないものがあります。ジップ付きだと脱ぎ着しやすいです。濡れてもスムーズに上げ下ろししやすくなっているジップもあります。ジムでウォーキングしてても気になる、めくれ上がり。こちらはアリーナの「すらっとセパ」シリーズのトプストボトムスを繋げる大きめボタン付きのものがおすすめです。あとは、袖の部分です。肩の動かしやすさを重視するなら、袖なしのストラップタイプを。露出を抑えたい方は半袖タイプをお選び頂ければと思います。   とはいっても、悩んでしまうと思いますので、おすすめ商品を厳選してご紹介しますので是非ご覧頂ければと思います! ■しっかり泳ぎたい方へワンピースタイプ ■露出を控えて、脱ぎ気もしやすい上下セパレートジップ付きタイプ  

ウィメンズフィットネス水着の選び方

運動不足解消のためにジムのプールで泳ぐ方、水中ウォーキングする方、アクアビクスをやる方は「フィットネス水着」の中からお選びください。 レーシング水着は締め付けが強く、着用にも時間がかかりますが、フィットネス用はストレッチが効き着心地も楽です。 選ぶポイントを解説いたします。 まず形です。大きく、ワンピースタイプと上下セパレートタイプに分けられます。 【ワンピース】プールでしっかり泳ぐ方はワンピースタイプが泳ぎやすいです。肌の露出度もそれぞれ異なります、露出度が高く動きやすさを重視するか、露出を抑えたいかでさらに形をお選びください。足の動きやすさを重視するならハイカットかミディアムカットを。腰回りが隠れている方がよければスパッツタイプを。【上下セパレート】泳ぐけど体にぴったりフィットするタイプが苦手な方は上下セパレートタイプがおすすめです!機能性に優れているので、こちらも是非試して頂きたいんです。もちろんレジャーの場面でも着て頂けるおしゃれさも兼ね備えています。中でも、トップスにジップが付いてるものと着いていないものがあります。ジップ付きだと脱ぎ着しやすいです。濡れてもスムーズに上げ下ろししやすくなっているジップもあります。ジムでウォーキングしてても気になる、めくれ上がり。こちらはアリーナの「すらっとセパ」シリーズのトプストボトムスを繋げる大きめボタン付きのものがおすすめです。あとは、袖の部分です。肩の動かしやすさを重視するなら、袖なしのストラップタイプを。露出を抑えたい方は半袖タイプをお選び頂ければと思います。   とはいっても、悩んでしまうと思いますので、おすすめ商品を厳選してご紹介しますので是非ご覧頂ければと思います! ■しっかり泳ぎたい方へワンピースタイプ ■露出を控えて、脱ぎ気もしやすい上下セパレートジップ付きタイプ  

フィットネススイム用品の選び方

フィットネススイム用品の選び方

ジムのプールで泳ぐ方、アクアビクス、水中ウォーキング等を行う方へ用具選びのポイントをお伝えいたします! 水着、インナー、キャップ、ゴーグル、タオル、バッグ順番に解説いたします。 【水着を選ぶポイント】 伸縮性のある生地で動きやすく、着脱がしやすい、機能性のある着心地の良い水着の着用をおすすめします。 「フィットネス」のアイコンが付いている水着からお選びください。※「レーシング」水着は着用感がきつく、着脱も時間がかかるのでご注意ください ■ウィメンズの水着 形と柄が様々あるので用途に合わせてお選びください。下記リンクで詳しくご説明します。→ウィメンズ水着の選び方 ■メンズ水着 フィット感でお選びください。・しっかり泳ぎたい方へ(軽い着心地と、足の付け根部分の動かしやすさが魅力)→AQUA EXA 商品ページへ ・からだにぴったりしないものがいい方へ→ウォーターパンツ 商品ページへ  ■インナー 水着についているモデルもありますが、インナーショーツを履いておくと安心です。 【キャップ選び】 生地によって着用感が変わります。 被りやすく、蒸れにくい、お手入れも簡単なメッシュキャップは人気です。 塩素による髪へのダメージが気になる方やフィット感を重視する方へは、シリコンキャップをおすすめするのですが、女性には2ウェイシリコーンキャップというものもおすすめです!内側はストレッチ素材、表面はシリコーンをラミネートしてあり、長時間装着しても圧迫感もなくソフトで快適なフィット感、髪がからまりにくく着脱が簡単、濡れにくく塩素水から髪を守ってくれます。→2ウェイシリコーンキャップ 商品ページへ →カラー展開豊富なキャップ 商品ページへ   【ゴーグルの選び方】 ①まず、アイカップのクッション有無を選びます。 タイムを目指してレースに出場する!という方でなければ「クッション付き」のものをおすすめします。クッションが付いていない「ノンクッション」は顔への食い込みがきついのでご注意ください。 ②次にミラーレンズか否かです。 ミラーレンズだと外側から内側の目が見えなくなります。少し暗めの視界になりますが、目線を気にすることがないため泳ぎに集中できます。明るめ視界がお好みの方はノーマルタイプのレンズをお選びください。 厳選して3つご紹介いたします。 ■価格重視の方におすすめ→タバタ 大人用ゴーグル 商品ページへ ■明るいカラーをお求めの方へおすすめ→ミズノ クッション付きゴーグル 商品ページへ ■ミラーレンズが好きな方へおすすめ→ミズノ...

フィットネススイム用品の選び方

ジムのプールで泳ぐ方、アクアビクス、水中ウォーキング等を行う方へ用具選びのポイントをお伝えいたします! 水着、インナー、キャップ、ゴーグル、タオル、バッグ順番に解説いたします。 【水着を選ぶポイント】 伸縮性のある生地で動きやすく、着脱がしやすい、機能性のある着心地の良い水着の着用をおすすめします。 「フィットネス」のアイコンが付いている水着からお選びください。※「レーシング」水着は着用感がきつく、着脱も時間がかかるのでご注意ください ■ウィメンズの水着 形と柄が様々あるので用途に合わせてお選びください。下記リンクで詳しくご説明します。→ウィメンズ水着の選び方 ■メンズ水着 フィット感でお選びください。・しっかり泳ぎたい方へ(軽い着心地と、足の付け根部分の動かしやすさが魅力)→AQUA EXA 商品ページへ ・からだにぴったりしないものがいい方へ→ウォーターパンツ 商品ページへ  ■インナー 水着についているモデルもありますが、インナーショーツを履いておくと安心です。 【キャップ選び】 生地によって着用感が変わります。 被りやすく、蒸れにくい、お手入れも簡単なメッシュキャップは人気です。 塩素による髪へのダメージが気になる方やフィット感を重視する方へは、シリコンキャップをおすすめするのですが、女性には2ウェイシリコーンキャップというものもおすすめです!内側はストレッチ素材、表面はシリコーンをラミネートしてあり、長時間装着しても圧迫感もなくソフトで快適なフィット感、髪がからまりにくく着脱が簡単、濡れにくく塩素水から髪を守ってくれます。→2ウェイシリコーンキャップ 商品ページへ →カラー展開豊富なキャップ 商品ページへ   【ゴーグルの選び方】 ①まず、アイカップのクッション有無を選びます。 タイムを目指してレースに出場する!という方でなければ「クッション付き」のものをおすすめします。クッションが付いていない「ノンクッション」は顔への食い込みがきついのでご注意ください。 ②次にミラーレンズか否かです。 ミラーレンズだと外側から内側の目が見えなくなります。少し暗めの視界になりますが、目線を気にすることがないため泳ぎに集中できます。明るめ視界がお好みの方はノーマルタイプのレンズをお選びください。 厳選して3つご紹介いたします。 ■価格重視の方におすすめ→タバタ 大人用ゴーグル 商品ページへ ■明るいカラーをお求めの方へおすすめ→ミズノ クッション付きゴーグル 商品ページへ ■ミラーレンズが好きな方へおすすめ→ミズノ...